2011年6月 9日 (木)

細見浩木版画展

     1_3

 釧路芸術館での「 細見浩木版画展」
(5月28日から6月19日迄)の芸術館出展
作品。

201_5_28_040

201_5_28_2

201_5_28_001_3 201_5_28_002_3 201_5_28_003_3 201_5_28_004_2

201_5_28_005 201_5_28_006 201_5_28_007 201_5_28_008

201_5_28_009 201_5_28_010 201_5_28_011 201_5_28_012

201_5_28_013 201_5_28_014 201_5_28_019201_5_28_020

201_5_28_016 201_5_28_015201_5_28_017201_5_28_018

201_5_28_021 201_5_28_022 201_5_28_027201_5_28_023

201_5_28_025 201_5_28_026201_5_28_028

201_5_28_029
これは、細見さまに頂いた手彫りの名刺です。

201_5_28_030 201_5_28_031 絵はがきです。

201_5_28_033 201_5_28_032 

以上、芸術館での出展作品です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

庭の花木 2011年5月

 釧路にも、遅い春がやって来ました。

海に近いこともあり、同じ釧路でも内陸の方とは
1~2度の温度差が
あり、最近の最高気温は一桁
で寒く花木の生育は遅れ気味です。

最初に咲いたのは「エゾムラサキツツジ」そして
「スイセン」「チュー
リップ」そして、桜(千島桜)が
咲きました。

釧路の桜の開花は最初に「エゾ山桜」「千島桜」
「釧路八重桜」の順
に咲くようです。


Dscn3507
この桜は「千島桜」です。5月22日(日)の開花
の様子です。


Dscn3509

Dscn3506_3 Dscn3512 Dscn3511

Dscn3441 Dscn3440 Dscn3496

Dscn3510 Dscn3497 Dscn3504

Dsc_2534 Dsc_2532 Dsc_2533
この上の3枚は5月22日の一週間前の
5月15日の桜のつぼみです



Dsc_2504 Dsc_2501
 最初に咲いた「エゾムラサキツツジ」

Dsc_2531 Dsc_2519
 5月15日の「スイセン」

Dscn3436 Dscn3438_2
 一週間後(5月22日)の「スイセン」

Dscn3437 Dscn3433

201_5_012

Dscn3524 Dscn3527
                   ユスラウメ

Dscn3478 Dscn3454 Dscn3528
ボケのつぼみ(もうすこしで真赤な花が咲きます)

Dscn3466 Dscn3517 
           ハスカップの新芽  
     

 

Dscn3514 Dscn3467
              レンギョウ

Dscn3505

Dsc_2554 Dscn3477 Dsc_2512
         ライラックの芽吹き

Dsc_2548 Dscn3460 Dscn3461
クレマチスの新芽        りんごの新芽

Dscn3455 Dscn3456 

ギボウシの新芽                菊としその葉   




Dscn3472
芽吹いていないブルーベリ

201_5_005 201_5_006
 ミニハウスを作って「なす」を植え付けました


Dscn3519
こちらのハウスにはピーマン、ほうれんそう、
などを植え付けています

Dsc_2496 Dsc_2557 Dscn3493

Dscn3473_2 Dscn3484 Dscn3487

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

佐々木榮松先生「魚拓展」来館

 「南大通ギャラリー」で、開催されています
佐々木榮松「魚拓展」に今年の10月に白寿
を向かえられます榮松先生が18日水曜日、
元気なお姿で来館されました。

 来館時のお元気な榮松先生と釧路新聞、
北海道新聞での榮松先生の記事をご覧
ください。

Dsc_2664
 「南大通ギャラリー」にて、佐々木榮松先生

 

201_5_10_061 Dsc_2646

Dsc_2624_2

 Dsc_2633
 新聞社の方のインタビューを受ける榮松先生           

Dsc_2661

 
榮松先生のファンで「わかさぎの佃煮」で
 有名な塘路の土佐商店の息子さんがお持ち
 下さった50年前に榮松先生が描いた絵葉書
 をなつかしそうに見る先生。

Dsc_2650 Dsc_2651

Dsc_2653 Dsc_2654

Dsc_2655 Dsc_2656 Dsc_2657

Dsc_2652 Dsc_2658
貴重な榮松先生の絵葉書

Dsc_2663_2 Dsc_2664_2

土佐さんと水口さん                        榮松先生と高野社長

201_5_10 201_5_10_001

釧路新聞                 北海道新聞

Dsc_2411

  このポスターをデザインしたのは水口氏です。 

  榮松先生は「これはとても良いね」と水口氏に

  おっしゃていました。

 水口氏(某社専務取締役、釣暦40年、
いまは新しいフライパターンの開発中。)の
お話によりますと「釣を趣味にしている方
は沢山いますが今は、釣った魚をデジカメ
で記録するので魚拓にする方は少なく魚拓
そのものに価値があり、榮松先生の魚拓は
直接法という手法で画家である榮松先生な
らではのノウハウが沢山詰まっていて、
イトウなど幻の魚を含め榮松先生の魚拓の
美しさは非常に価値のあるものです。」 と。

榮松先生が魚拓にされたものと
水口氏がデザイ
ンされた絵葉書

Dsc_2414 Dsc_2445

Dsc_2574 Dsc_2575

Dsc_2576 Dsc_2577

Dsc_2578 Dsc_2579

Dsc_2594 

オムライスを「おいしいね」と食べている先生
(とても気さくな先生) 

Dsc_2603

 食後のコーヒーを飲んでいる先生

201_5_10_033

201_5_10_030
6月4日まで「南大通ギャラリー」で開催中

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

佐々木榮松「魚拓展」

 わたしは、ときおり自問する。

  「なぜ、釣りを好むのか?」と。

そして、あれこれと、

  その自答をめぐらすのであるが、

結論として「素朴な自然が好きだから」と、

             いうことに帰着してしまうのである。

      .............................................『きたの釣り』 より

水公舎(主幹 水口吉朗氏)より発刊されて
いる佐々木榮松著
復刻版「道東の釣り」
「きたの釣り」の中では、自然と様々な釣りを
愛した画家佐々木榮松先生(以下、榮松先生)
の半世紀前に及ぶ海、川、湖での釣りが外装
も新たに紹介されています。

 これは、まさに水口氏の「道東の自然の美
しさと釣魚の良さ」を世に広めたいという強い
情熱のたまものであります。

 この度、ギャルリ一華(高野範子代表)は
「南大通ギャラリー(近藤友子オーナー)」にて
釣りを通じて親交がある水口公平様とご長男の
水口吉朗様のご協力をいただき釣師としての顔
をもつ榮松先生の世界各地で釣られた数々の
中から60点余りのすばらしい魚拓が6月4日
(土)まで展示されております。

釣師、榮松先生のまさに釣史であります。

Dsc_2411_3

Dsc_2410

Dsc_1192 201_5_10_061

Dsc_2490 Dsc_2486

釣師としても活躍した作家開高健氏も榮松先生
に手ほどきを受けた
一人であります。

(一般的にはかいこうけんと呼ぶが正しくは
かいこう
たけしと言う)

201_5_10_002_2

 自宅で魚拓作りの榮松先生(1960年)

201_5_10_006

新造船「湿原の女王」と先生 


Dsc_2482

作家渡辺喜恵子さんと(1967年)

201_5_10_007

 ラトビアの首都「リガ」にて  

 

Dsc_2472Dsc_2410_3

201_5_10_048_2201_5_10_002_3 201_5_10_001_2

201_5_10_003 201_5_10_007_2

201_5_10_005 201_5_10_004

201_5_10_006_2 201_5_10_008

201_5_10_020 201_5_10_023_2

201_5_10_012 201_5_10_028

201_5_10_035 201_5_10_036

201_5_10_029 Dsc_1173

201_5_10_045 201_5_10_060

Dsc_1164 Dsc_1165

Dsc_1166 Dsc_1174

Dsc_1180 Dsc_1181

Dsc_1187 Dsc_1188

Dsc_1189 Dsc_1190

Dsc_1211 Dsc_2431

Dsc_2425 Dsc_2426

Dsc_2428 Dsc_2434

Dsc_2437 Dsc_2439

Dsc_2450 Dsc_2461

Dsc_2442 Dsc_2447

Dsc_2468 Dsc_2460

Dsc_2475_2 201_5_10_063_2 

Dsc_1194

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

夢風舎

このブログは昨年5月にアップしたのを一部編集して再アップしたものです。

Dsc_0391

フォト喫茶「夢風舎」・・・・・北海道厚岸町片無去(かたむさり)

夢風舎ホームページhttp://city.hokkai.or.jp/~ohyagi/index.html

夢風舎ブログ     http://blog.livedoor.jp/yumehusha/

写真家大八木茂さんのギャラリーを併設したお洒落な喫茶店

017_2009

Photo_shop011 Sitemap_top1 __074

        大八木さん撮影

建築は釧路の一級建築士柏木茂さんによるステキな建物です

柏木さんのホームページhttp://www.085sk.com/index.html

大草原のすばらしいパノラマ(癒されます)と大八木さんの奥さん

が作るおいしいワッフル(セットがお得)など店内の雰囲気と景色

 そしてネイチャークラフト作家品田忠氏の草原のアートには心が

 なごみます。品田さんの作品は下記URAをクリックして下さい

kunio214.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-8ffc.html

 

一昨年大八木さんのスタジオも見せて戴きましたが大八木さん

 自身の手作りと聞いてビックリしました(いい感じのスタジオです)

087

 

  大八木さんのスタジオ   

 

 

「夢風舎」の店内には大八木さんの写真・絵はがき、

 さいとう匡さんのグッズも販売しております。

Dsc_0393_2 Dsc_0312 Dsc_0315 Dsc_0314_2

Dsc_0355 Dsc_0318 Dsc_0319 Dsc_0350

072_2 Dsc_0361 053 Dsc_0383

Dsc_0362 008 037 033

032 014 010 016

__074 020 __035 050

036 __051 __055 __056

__057 __058 __059 __060

2010_10_31_025 __045

061

062_2 063_2

夢風舎アクセス

Yume_map                                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

野田徳子 「土の器展」 夢風舎

2010_91_4
工房で作品作りに励む「野田徳子さん」

釧路新聞「えぷろん」より転用

2011年4月21日(木)から「夢風舎」で

「土の器展 野田徳子」が始まりました。

紹介します。

Dsc_0393_2

       夢風舎

2011_4_21_001_2

2011_4_21_002 2011_4_21_003

2011_4_21_004 2011_4_21_005

2011_4_21_006 2011_4_21_007

2011_4_21_023 2011_4_21_024

2011_4_21_025 2011_4_21_026

2011_4_21_027 2011_4_21_028

2011_4_21_029 2011_4_21_030

2011_4_21_032 2011_4_21_031

2011_4_21_009_2 2011_4_21_010

2011_4_21_011

以上、今年の野田徳子さんの作品です。

これから下は、昨年の作品展の出展作品
です。

_dsc_0320 _dsc_0321 _dsc_0323 _dsc_0324

_dsc_0337 _dsc_0338 _dsc_0325 Dsc_0328

Dsc_0329 Dsc_0330 Dsc_0331 Dsc_0332

Dsc_0341Dsc_0340Dsc_0339Dsc_0335

Dsc_0343_2 Dsc_0342 Dsc_0334 Dsc_0350

Dsc_0333 Dsc_0368 Dsc_0378

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

木工作家 品田 忠

3月28日(月)の北海道新聞夕刊、釧路・根室
地域版「どどんと」のコーナーで品田さんが取り
上げられました。

日頃から品田さんの活動を見ている私もブログ
に2回程、アップさせていただいていますが
新聞となると余計にうれしく、ご本人にご了承を
戴き記事を掲載させて頂きました。

記事(1)と記事(2)に分かれていますが新聞に
はひとつの型で掲載されました。クリックして見
て下さい。

記事(1)

2011_3_001

記事(2)

2011_3_002_2 

2010_10_31_007

「夢風舎」 入り口で皆様を向かえる品田
さんの作品。

品田さんの作品は厚岸にある「夢風舎」で
期間中常設で見る事が出来ます。

夢風舎には無くてはならないコンセプトです。

品田さんを紹介した私のブログ!(下記URL)

ブログ2010.11.11アップ分

タイトル:
ネイチャークラフト作家品田忠&夢風舎2010

http://kunio214.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-7bd3.html

ブログ2010.3.21アップ分

タイトル:ネイチャークラフト作家「品田 忠」

http://kunio214.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/index.html

クリックして見てください。

Event_shop01

   夢風舎のホームページより転用

Photo_shop011 Sitemap_top1

Cafe_shop011 Gallery_menu011

写真ギャラリー&喫茶 夢風舎
(企画展示コーナー)
でも品田さんの作品を
見ることができます。 

とてもいい感じですよ!

http://city.hokkai.or.jp/~ohyagi/event.html

クリックして見てください。

釧路市少年補導員とは?

釧路市より委嘱され幼稚園、小学生、中学生
を間接的、直線的に守るボランティア。現在
釧路市には60名がいるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

佐々木榮松 魚拓展

 佐々木榮松先生(以下 榮松先生)は
画家であります。

しかし乍、作家としての顔も持ち「画集」
「旅行記」「随筆」「釣り書」など本作りの
センス、卓越した描写力は見る人、読む
人に深い感銘を与えます。

釣り師としても一流の顔を持ち、幻の魚
イトウ釣りの第一人者でもあり現在、
人知れた道東地方の釣り場を50年以上
も前にすべて踏破され故、開高健さんも
榮松先生に教えを請うた一人でもあります。

その榮松先生の初の「魚拓展」が昔から
釣りで親交のある水口公平様とご長男の
水口吉朗様のご協力を得てこの度
「南大通ギャラリー」にて「佐々木榮松
 魚拓展」
が下記の期間、開催される運
  びとなりました。



 日 時◆ 5月10日(火)~6月4日(土)

        AM11:00~PM17:00

        定休日 日曜日・月曜日・祝日

 会 場◆ 「南大通ギャラリー」

        釧路市南大通3-1-6

        TEL 0154-42-6639

 企 画◆ 株式会社 ギャルリ 一華

        釧路市共栄大通4丁目

        TEL 0154-25-5524

2011_4_001

2011_4_002

2011_4_003

2011_4_01

 

2011_4_002_2

2011_4_003_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

佐々木榮松 作品展

 湿原の画家、風土の画家と呼ばれ国内は

もとより海外でも高い評価を
けている孤高

の画家、佐々木榮松画伯の作品がJR釧路

ステーション画廊
閉館以来お披露目の機会

がなかった250号(縦2m横2.7m)の大作

「湿原のニンフ(精)たち」を含む10点の作品

展が
3月3日(木)から6日(日)まで道立釧路

芸術館で開催
されました。

 開催日当日、会場には今年10月に99歳の

白寿を迎えられる佐々木画伯の
元気なお姿を

拝見することができました。

今回は佐々木榮松画伯の会場でのお元気な

様子と大作。

作品展開催にあたって奔走されましたギャル

リ一華 高野範子社長とファンの
皆様の様子。



新聞に掲載されましたものをアップさせて頂

きました。

佐々木榮松画伯の絢爛にして深い寂寥感をも

漂う絵の世界と書籍の数々
釣師としての顔を

持つ道具や魚拓などを
多くの人に知って戴き、

釧路の宝として偉大な画伯の作品などを後世に

残してほしいと思います。


Dsc_2372

Dsc_2374 Dsc_2375

Dsc_2378 039_2

046 Dsc_2376

028 030 025 021

047 037

Photo

 

 





白寿記念に描かれた

画伯の葉書画

「桃花春光」 

001

              011



002

              012



 

003

              013



004

             014



005

              015



006

              016



007

              017



008

              018_2



009

              019


010

              020

058 055

  「作品展」開催前の新聞記事
        (道新、釧新、より)

052 053

作品展、開催当日の道新、釧新の記事です

 

049

3月4日(金)の道新の「ひと 2011」より
(高野範子社長)

3月3日の会場で佐々木榮松画伯は「水」
と言っていました。

高野社長は「榮松先生は水が大好きなん
ですよ。」と私に言っていた時が有りました。
「水」それが長生きの秘訣かも知れないと
思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

SL冬の湿原号逆向き重連運転

2011年2月28日(月) 午前10時45分

          天気 快晴  気温-4度

今年度2度目の釧路⇒標茶間「SL冬の湿原号」の重連
運転があり、
前回に続き2回目の撮影に行って来ました。

今回は運行開始以来、初の逆向き重連運転でしたので
(戻りの標茶
からは正向き)有名な鉄橋のポイントには
多くのSLカメラファンが待ち
受けました。
最近は女性カメラマンが目立ちます。

 私は好みのポイントに三脚、カメラをセットし試し撮り、
 1枚、2枚、3枚、4枚。

2011_2_28_sl_11_2 2011_2_28_sl_22_2

2011_2_28_sl_33_2 2011_2_28_sl_44

やはり寒く、素手では指先が思うように動かなくなります。

午前11時9分釧路駅を出発した逆向き重連運転のSL
が来ました。

2011_2_28_sl_1111

2011_2_28_sl_1313

ファイダー越しに撮影していると向かって来ているSLが
戻っているよう
な不思議な錯覚を一瞬感じました。

2011_2_28_sl_2020

先頭SLは「C11 207」、後ろは「C11 171」です。

画像をクリックして大きくして見て下さい。

2011_2_28_sl_2121

あっとゆう間に通り過ぎてしまいます。(4~5秒くらい)

2011_2_28_sl_2323

今回で今年の重連運転は終了です。

 今日3月1日の釧路新聞に SL「湿原号」20万人達成」
の記事が 載っていましたので併せてアップいたしました。

Sl_001

SL冬の湿原号の今年度の運行は3月6日(日)
まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

釧路赤十字血液センター

 北海道釧路赤十字血液センター 

献血ルーム イオンSC内に8月移転オープン予定

 (画像はクリックすると大きくなります。)

004

          (現在の献血ルーム) 

北海道釧路赤十字血液センター(釧路市新釧路町5
上林正昭所長)は献血の施設を現在の同センターから
釧路市昭和にあるイオンイオンショッピングセンター内に
7月上旬に移転します。


同血液センターは、当初現在の釧路赤十字病院内に
ありましたが、院内から独立し1975年から現在地で
献血を行ってきました。

 

同血液センター献血ルーム内です。(現在)
005012007010

今年度4月1日から採血基準が変わり、成分献血は 検査
施設のある札幌近郊に集約し、釧路センターでの
成分献血
は6月29日で終了します。

 今後の採血は全血献血に絞り込むため、利便性に優れた
 イオンSC内に変わります。

 

同センター、斉藤介男部長によると「釧路、根室、十勝の

 3管内をカバーする釧路赤十字血液センターの献血者は 

 昨年度で約3万4千人で、道内の12%を占めており、外科 

 手術などで使用される血液製剤の需要は少子高齢化で

 年々増加しています。

推計では2015年には道内で
 3万7千人分が不足すると
みられ、献血者の確保が急務」と。

002

また、同部長は「献血不足を補う上でもショッピングセンター
内で
 PRできるメリットは大きく、皆様に安心して献血してい
ただけ
るよう献血者への呼び掛けを強化していきたいと」
意欲を見せて
います。

  新施設の稼動日数は年間350日とし休みは毎月1回と
 正月3が日の15日間だけにし商業施設に拠点を置くこと
必要な血液量を確保してゆく。

 

新しい釧路イオン献血ルームの施設コンセプトは

          「結いの心」

025_2

 デザインコンセプトは「 川 」

026_2

027_2

新しいルームはイオン釧路昭和ショッピグセンター1階

 

東レストラン入り口より、黄色印です。

031

030

新旧立地図

029_2 

028

 同血液センター斉藤介男部長は「積極的に献血への

協力を呼び掛け、気軽に立ち寄ってもらえるサロンの

ような施設にしていきたい」と話しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

SL冬の湿原号 重連運転

Fh010004_3 

2011年1月31日(月)   天気 快晴

 最低気温-14.7度 最高気温-2度

SL冬の湿原号の重連運転が1月31日(月)

ありました。

一度は撮影と乗車を体験したいと思っていま

したので人気撮影スポット(釧路川に架かる

鉄橋のたもと)に行って来ました。

(材木町15-14大栄商事ガソリンスタンドより入り、

葵建設ウラ小公園付近がスポットです。) 

撮影スポット付近に着いたのが10時45分。

すでに多くの車が駐車しており、少し離れた

所に車を止め、機材を持って撮影スポットへ。

100人以上はいると思われるカメラマンを

尻目に急いで三脚を組立てカメラを付け

レンズを取り付け場所探し、すでに良さそうな

場所は人、人、人、

すると、

キハ54系気動車一両立てが鉄橋へ......train。 

一斉にシャッターの連射音

(私もあわてて取敢えずパチリ camera  )

Dsc_1146

ファインダーを覗き乍、SLだけでなく鉄橋も

釧路川も入れて撮った方がいいかなと考え、

皆さんの後ろへセット。

すると駅に停車していたSLが汽笛を鳴らし

出発。

来ます、鉄橋を渡ります、

シャッタースピード400 f13 wb晴天 などに急い

でセット。     来ました、来ました。

カシャ カシャ カシャ.....................。

Dsc_11451

 




カメラマンたち(東京から来た人、外人さんなど

様々な人達が右にも左にも後ろにも大勢です) 

 

Dsc_11491 Dsc_11501

Dsc_11511 Dsc_11521

Dsc_11531 Dsc_11541

Dsc_11551 Dsc_11561_2

Dsc_11571 Dsc_1158

Dsc_1159 Dsc_1160

Dsc_11611 Dsc_11621

釧路駅を出発するのが11時9分、鉄橋に来

るまで1~2分、鉄橋を渡り切るのに3~5秒

位でした。

やはり早めに来て撮影場所を確保し

イメージに合ったレンズをチョイスする位の

余裕がなければダメです。

SL冬の湿原号は2000年に運行が始まり

今年で12回目を向かえ乗客も延べ19万

人を超え、今年度は鉄道ブームもあり20万

人を越す見通しとなっています。

2011年1月29日から3月6日までは

釧路⇔標茶間を1日1往復で運行して

います。

今年度の重連運行は、正向きが1月31日

(月)

(標茶方面には正向きで、戻り釧路へは

 逆向きSL)、 

逆向きが2月28日(月)(標茶方面には

逆向きで行き、戻り釧路へは正向き)の

スケジュールです。

運転時間は1月29日から3月6日迄の期間 

上り、釧路駅発11:09⇒釧路湿原駅発11:36

⇒塘路駅発11:54⇒茅沼駅発12:06⇒

標茶駅着12:24

下り、標茶駅発13:52⇒茅沼駅発14:12⇒

塘路駅発14:28⇒釧路湿原駅14:43⇒

釧路駅着15:10

となっています。

SL撮影の追っかけの方も大勢いまして、

ひとつのポイントで撮ったらSLと共にまた、

次のポイントへと車で移動する人達もいます。

(車の方が次のポイントまで10分位早い

そうです。)

C11 171 SLは昭和15年に製造され昭和

50年に廃車となり、釧路管内標茶町の公園

に静態保存されていたのを復元し、平成11年

より運行。

C11 207 SLは昭和16年に製造され

昭和49年に廃車となり、日高の静内町の

公園に静態保存されていたのを復元し、

平成12年より運行。 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

風土の画家 佐々木榮松

画家
・佐々木榮松
(ささきえいしょう)

       Fff705915571c16880d8c3e30dfc24681_3

2010_12_0241_2

■制作における主張(画家の手記より)

  私の本命は油絵でありますので、その主義

と主張を簡潔に説明いたします
と、周知の如く

日本の油絵は西洋のものですから、一般に洋

画とよばれてい
ましたので、私も含めて昔から、

その多くは西洋亜流に染まりきっていたこと


是非ないと思います。しかし私は青年期の後半

から、『日本人の油絵を描
く』ということに主義を

おき、さらに日本人の中の北海道人の作品、

そしてまた
さらに北海道人の東方人であると

自からを確信づけ、風土の画家であることを

も自認して制作を続けてきました。

この主張はいまも変わりありません。

  人びとは私のことを “湿原の画家〟と

言いますが、私は自分から湿原の
画家などと

言ったことはありません。

だが湿原の作品が著しく多いことは事実
です。

これは湿原のもつ空間が私の制作の上に

不可欠の意義をもたせている
からで、

その意味では根釧原野の広大さも同じだと

思っています。ですから
“道東の原野画家〟

とか“空間の画家〟と呼んでくれた方がよいと

思っており
まして即ち私の作品は、風景、人物、

動物、植物やその他のものの命の抽出
であり

ますから、道東の風土の心象表現が制作の基

になっているわけです。

2010_12_0251

■画家・佐々木榮松の略歴(画集より抜粋)

 ●1913(大 2)年 北海道生れ、

      北国の原野の片隅で育ったから総て独学。

   幼少より石版印刷会社(リトグラフ専門の

      印刷)で生活したので、水彩・
デッサン・

      石版画・グラフィックデザインなどのなん

      でも手掛け、特に油絵を
本命とし、道東の

      風土をテーマの根底において心象作品の

      制作を一貫。

 ●1960年(50歳代)からは専ら美術館見学

      ・取材・釣りなどの目的で、旧
ソビエト連邦

       圏諸国、中近東、地中海諸国、西欧、

       北欧、アラスカ、カナダ、
北・中・南米諸国

       を旅する。

 ●1970年(60歳代)からは作品展(個展)を

       主とし、東京銀座文芸春秋画廊・

   望月画廊・横浜・札幌・釧路で開催。

 ●作画のかたわら雑誌や単行本を手がける。

      著書は「画集」、「旅行記」、「随
筆」、

      「釣りの書」、など。

 ●近作では「湿原の画家ー佐々木榮松作品

      集」=東京・アートグローバル社

   出版(全国学校図書館協議会選定図書)。

      「随筆・白いオピラメ(原野の
釣人物語)

       =東京・青弓出版社」 (
全国学校図書館

       協議会選定図書

   「湿原のカムイ」=二見書房 等多数。

      Ebooks001_3Powerdevice35img521x6001286954158_2 1190001s1_2 Doto_fishing1_2

   Kitano_fishing1Dotofishing_1102383976102383976_o11

 ●1987年(昭 62) JR北海道釧路支社に

      (佐々木榮松美術全作品収
の美術館)

       “釧路ステーション画廊〟を開館。

 ●2006年(93歳)11月21日~11月26日 

      北海道の画家として銀座
(ロイヤルサロン・ギンザ

       にて)
で個展を開く。

   2007年(94歳)10月30日~11月4日 

     前年に続き銀座(ロイヤル
サロン・ギンザ)にて

       個展開催。

   2008年(95歳)10月21日~10月26日

   前々年に続き北海道の
として銀座

      (ロイヤルサロン・ギンザ)で個展を開く。

 何れの開催も 『 すばらしい!と絶賛される 』

    2010_12_23_007_3  2010_12_23_008   2010_12_23_009   

  ●2009年9月30日 “釧路ステーション画廊〟

        22年の歴史に幕。

  ●2010年(97歳)10月5日~10月31日

       (株)山一佐藤紙店で個展。

    案内状  

    2010_12_23_004_2 (おもて)    2010_12_23_006 (うら)

     ●2010年10月26日~12月25日 

          南大通ギャラリーで個展。

        Moza0012010_12_023 2010_12_022  

ブログにアップさせて頂きました「絵」は
10月26日~12月25日迄「南大通ギャラリー」
にて開催されました佐々木榮松「ふるさと南大通り展」の
一部です。

 南大通ギャラリー
(釧路市南大通り3-1-6 ℡0154-42-6639)

               (カフェモーツアルト併設)  

                2010_12_2

    ●2010年12月19日

 釧路湿原ラムサール条約登録30周年
記念事業に
「落日の沼沢地」油f50を展示。

             2010_12_23_002 





辻井達一氏((財)北海道環境財団)&
新庄久志氏(釧路国際ウェットランドセンター)のトーク。
後ろが 「落日の沼沢地。                    

2010_12_001 2010_12_002

2010_12_003 2010_12_005

2010_12_006 2010_12_008

2010_12_004_2 2010_12_007

2010_12_009 2010_12_010
◇2011年3月3日(木)[雛祭り]からのご案内

 佐々木榮松画伯に会える午後六時

   「三日半の展覧会」 
(会場 釧路芸術館 フリーアートルーム) 

 ・2011年3月3日(木)
                     午後6時オープン~午後9時

 ・2011年3月4日(金)
                     午前9時30分~午後5時

 ・2011年3月5日(土)
                     午前9時30分~午後5時

 ・2011年3月6日(日)
                   午前9時30分~午後4時 終了

 オープニングには佐々木榮松画伯が
お見えになります。

 釧路芸術館(釧路市幸町4-1-5
                        ℡0154-23-2381)

2010_12_011 2010_12_015

2010_12_016 2010_12_017

2010_12_012 2010_12_0131

2010_12_0141

2010_12_0181

 佐々木栄松画伯の多彩な色使いの「赤」
  「青」「黄」「黒」「白」には繊細さと
夢みたい
   なものを感じます。

  今、現在、貴重な名画が収蔵、展示する
    場がないという。

  1913年生まれの画伯は湿原を生涯の画
  題とし、絵具と釣具をもって釧路
湿原を
 
踏破した、画家でありイトウ釣りの第一人者
  でもあります。

 故 開高健や白州次郎の妻白州正子も氏に
  教えをこうた人であると云う。

 また、矢口高雄氏の「釣キチ三平」の
   
鳴鶴先生のモデルでもあります。

 

  最後に、この度、当ブログアップに際しまして
   特段のご配慮をいただきました佐々木榮松画伯、
   
高野社長にお礼申しあげます。

             

| | コメント (3)

2010年12月14日 (火)

庭木 花木の剪定

庭木・花木の剪定  

剪定(せんてい)の必要性 

庭木を育つに任せていたのでは、日差しが遮られた 

り風通しが悪くなったりという弊害が生まれます。 

れによって庭全体に病虫害が蔓延してしまう危険 

性も伴ないます。スペースが限られた庭では、そこに 

あったサイズをキープする必要がありますし、古い枝 

を切って新しい枝に更新することで良い花を咲かせる 

ことができるのです。

このように庭木の整枝・剪定は、不要な枝を切って木 

の形を整えるだけでなく、通風や日照、病虫害の予防 

といった庭全体にも影響する大事な作業なのです。 

庭木の剪定時期

一般的に常緑樹は春の盛んな萌芽が一段落する6月頃 

と夏枝の伸びが止まる10月頃に、針葉樹は春と10月頃 

に、落葉樹は葉が落ちて休眠期となる11~3月頃に剪定 

するのが良いとされています。

ただし、花を観賞することを目的とした木の場合は、花芽 

の形成時期に注意する必要があります。良くある事例で、 

お正月を前に庭の木々をこざっぱりと剪定したのは良いが、 

その後楽しみにしていた花木の花が咲かなくなった……と 

いうことがあります。これは花芽の形成時期を考えずに剪 

定をしたため、せっかくできていた花芽を剪定で切り落とし 

てしまったことによる失敗です。

特に頂芽(春から伸びた枝の先端)に花芽ができて冬を越 

して春に開花するものは、夏の間には花芽が形成されます 

から、秋以降に枝を切ってしまうと花が咲かなってしまいま 

す。こういった花木の場合は、花後すぐが、整枝・剪定のチ 

ャンスとなります。 

木 忌み枝の種類

さていざ剪定しようというとき、どの枝を切ったらよいので

しょう。整枝・剪定の目的は樹形を整えること、そして不要

な枝を取り除くことです。不要な枝とは、樹形を乱したり採

光や通風の妨げになる枝、樹勢を衰えさせるような枝のこ

とで「忌み枝」とも呼ばれます。整枝・剪定は、まずこういっ

た不要な枝を整理してから、全体の様子を見て必要に応じ

て枝を切り詰めて形を整えていくことになります。一般的に、

次に挙げるような枝を忌み枝と言います。図解と合わせて

ご参照下さい。

青い枝が、剪定すべき忌み枝となる

青い枝が、剪定すべき忌み枝となる

  • 枯れ枝…見た目が悪いだけでなく、病害虫の

    発生源となったり、風などで突然折れて落下 

    する危険性もあります。

  • 徒長枝…飛び枝ともいいます。他の枝に比べ 

    て、勢いよく飛び出すように長くまっすぐに伸 

    びた枝で、樹形を崩してしまいます。

  • 立ち枝…横に広がるべきところから、まっすぐ 

    に直立して伸びた枝で、樹形を崩します。

  • 胴吹き…幹吹きともいいます。樹の幹から直 

    接伸びた枝で、樹形を崩すと共に、栄養が他 

    の枝葉に行き渡らなくなり樹を衰弱させる原因 

    にもなります。

  • ヒコバエ…ヤゴともいいます。樹の根元から出 

   る細い枝のことで、樹形を崩すと共に、樹を弱ら 

   せる原因にもなります。ただし自然樹形が株立 

   ち(株元からたくさんの枝が出る性質)の木の場 

   合は、これにあたりません。

  • 懐(ふところ)枝…樹幹に近い懐部分に出る枝 

    で、通風や採光を妨げになります。

  • 逆さ枝…自然な枝の流れと逆方向に伸びた枝 

    で、景観を損ないます。

  • 重なり枝…平行枝ともいいます。複数の枝が同 

    じ方向に平行に伸びたもので、樹形のバランス 

    を崩します。

  • かんぬき枝…二本の枝が樹幹を挟んで左右対 

    称に伸びたもので、樹形のバランスを崩します。

  • 車枝…一箇所から三本以上の枝が放射状に出 

    るもので、樹形を乱します。

  • 絡み枝…枝が交差するような形に伸びたもので 

   、景観を損ないます。

  • 垂れ枝…下がり枝ともいいます。下方に向かっ 

    て伸びた枝で樹形を乱します。

この他、枝が込みすぎた部分は枝透かしをして、通風 

と採光を確保しましょう。

太い枝の切り方

図1.太い枝は、図の番号順に切っていく

図1 太い枝は、図の番号順に切っていく

枝を切る際は、剪定鋏(せんていばさみ)もノコギリも 

よく切れるもの使いましょう。切れ味の悪い鋏で切る 

と切り口がギザギザになり、木にダメージを与えてし 

まいます。人間でいうと、複雑骨折より単純骨折の方 

が治りが早いのと一緒です。枝を剪定する場合、多く 

は枝の根元から切り取ります。ここで注意したいのは 

、剪定鋏で切れないような太い枝を切るときです。

普通の木材を切るように上から切り落とそうとすると、 

枝の重みで途中から生木を裂くような状態で折れてし 

まうからです。枝の根元より少し上の部分にまず「受 

け」と呼ばれる切込みを入れてから、枝を切り落としま 

す。(図1参照)枝を切り落とした後に、あらためて枝の 

付け根で切り落とします。太い枝を切った後に切り口か 

らの腐敗が心配な場合は、市販の癒合剤などを塗り 

ます。

図2.枝を切る際、1で切ると内芽が伸びて不自然になる。2のように外芽を残すようにしよう

図2 枝を切る際、1で切ると内芽が伸びて不自然になる。 

2のように外芽を残すようにしよう

細い枝を剪定する場合は、芽の位置に注意して切りま 

しょう。枝には外芽、内芽がありますが、外芽を残すよう 

に剪定します。内芽を残すと、枝は不自然な形に伸びて 

しまいます。(図2参照)

図3.鋏を入れる位置は、芽に近すぎても離れすぎても良くない

図3 鋏を入れる位置は、芽に近すぎても離れすぎても 

良くない

また、枝の途中から切り戻す際も、芽の位置に注意して 

鋏を入れます。節の間で中途半端に切ると、養分が行き 

渡らず枝先が枯れることがあります。鋏は芽の上5~10 

ミリくらいの位置で、芽の方向に合わせて切りましょう。 

(図3参照)  

花木の着花習性 

植物はそれぞれ種類によって花芽をつける時期、枝に花 

が着く場所が決まっています。この遺伝的な性質を、「着 

花習性」といいます。  

着花習性のタイプ 

着花習性はいろいろな分類の仕方がありますが、一つの 

目安として大まかに以下のように分類できるでしょう。  

春から伸びた枝の頂芽や側芽に花芽をつけ、 

越冬して開花するタイプ  

剪定は、基本的に花後すぐに行います。 

頂芽にのみ花をつけるタイプでは、花芽が形成された後に 

剪定をすると、まったく花が咲かなくなるので特に注意が 

必要です。 

側芽にも花をつけるタイプは、花芽が形成された後は強く 

剪定するほど花数が減ることになります。 

秋以降は花芽の無い枝や樹形を乱している枝の整理に 

とどめておきましょう。 

このタイプの花木としては… 

≪頂芽につく≫ 

ライラック、ハナミズキ、ヤマボウシ、ツツジ、モクレン、 

ツバキ、シャクナゲ、ガマズミ類など 

≪側芽につく≫ 

ウメ、モモ、サクラなど 

≪頂芽と側芽につく≫ 

ニワウメ、レンギョウ、ロウバイ、マンサク、ヤマブキ、 

ハクチョウゲ、コデマリ、ユキヤナギなどがあります。 

春から伸びた枝に花芽をつけて越冬し、春にわずかに枝を

伸ばし開花するタイプ 

剪定は、花後すぐに行います。このとき徒長枝も切り戻して

おきましょう。

また冬の休眠期には、不要枝を整理して樹形を整えましょう。

このタイプの花木としては…

≪短枝の頂芽につく≫

ジンチョウゲ、ハナカイドウ、ボケ、カリンなど

≪側芽と枝元近くにつく≫

フジ

≪頂芽と側芽につく≫

トサミズキ、ヒュウガミズキなどがあります。

新しく伸びた枝に花芽ができ、その年の間に開花するタイプ 

花後から、新梢が伸び始める前に剪定を行えば開花に 

影響しません。 

このタイプの花木としては… 

≪頂芽につく≫ 

バラ、ヒペリカム、ノウゼンカズラ、キョウチクトウなど 

≪側芽につく≫ 

キンモクセイ、ナツツバキ、テイカカズラなど 

≪頂芽と側芽につく≫ 

アベリア、ハギ、ムクゲ、サルスベリなどがあります。 

上記のように、基本的に花木の剪定は花後すぐに 

行えば花芽を失うことがありませんが、時には 

枝の更新など強剪定が必要となってきます。 

記事(インターネット)より   

2010年8月編集しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

木版生活&タリーズコーヒー釧路店

     タリーズコーヒー釧路店

2010_11_18_029 2010_11_18_027

2010_11_18_028 2010_11_18_026

2010_11_18_020 2010_11_18_019

2010_11_18_023 2010_11_18_024

2010_11_18_021 2010_11_18_025

タリーズコーヒー釧路店

北海道釧路市末広町3-1-1
パステルパーク1F

平日:9:30~23:30\土 :9:30~23:30
日祝:9:30~22:00

 

 

 タリーズコーヒーさんでエシホリシスリシ
つるさんこと吉沢由美子さんの釧路初個展
が開かれました。
 (2010年11月14日~11月20日)

ご本人のご了承を頂きましたので作品の
一部ですが当ブログにアップいたしました。 

 

2010_11_18_011

2010_11_18_0142010_11_18_0132010_11_18_0162010_11_18_018 

 

エシホリシスリシ つる  さんのホーム
ページは105000以上アクセスがある
人気HPです。

HP「木版生活」 
 http://www.d6.dion.ne.jp/~turu2000

何々、ユニークで感性あふれる作品郡です。   

 

2010_11_18_001 2010_11_18_002

2010_11_18_003 2010_11_18_006

2010_11_18_004 2010_11_18_005

2010_11_18_010 2010_11_18_009

2010_11_18_008

2010_11_18_012

詳しくはHP「木版生活」見て下さい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

醍醐 

Dai

釧路の新鮮で美味しいものを!

四季の味わい 醍醐!


醍醐さんは、釧路中心街(市役所まえ)
にあり、近くには、有名な幣舞橋、末広
歓楽街、Moo、キャスルホテル、ラスティングホテル、
プリンスホテル、全日空ホテルなど沢山のホテル
釧路市生涯学習センター(食事が出来、
景観がすばらしい!)などが近くに有り、
釧路の絶対おすすめポイントです。




Daigo Tokubetu

855782 Top

Image004_2





先日、「醍醐」さんにてしゃぶしゃぶと
すき焼きを頂く機会がありました。 

とてもおいしかったです。


「醍醐」さんで使われていた和紙のテーブル
マット(ランチョンマット・ブレイスマット)に中川先生の
作品が使われています。



とてもステキです。



額装しても良いと想い、家に帰ってから飾っ
てみました。

 

 Dsc_2235

Dsc_2238

Dsc_2241

Dsc_2242

Dsc_2243






額装した タイトル「幣舞橋」

2010_006

郷土の版画家でもあり色々な活動をされて
いる中川先生の作品が「醍醐」さんでこの様
に使われていて多くの人々に触れ合うことが
出来ることはすばらしいことだと思います。 


下記URL 「醍醐」ホームページ 

釧路市錦町5−3三ツ輪ビルBF.
電話番号. 0154−22−4466
0120−320−849 ...

醍醐特別室オープン. 最大10名様までご利用頂けます.

各種宴会 ... ビル駐車場・醍醐入り口にバリアフリーの
スロープをご用意しております。

昼は700円からの定食、夜は地場の海産物を
ふんだんに使った
地場懐石 (5300円からが
お薦めです)。

冬場はフグ・鍋料理もご用意しています。
その他宴会・ご会合・法要等にもご利用ください。 






 

釧路全日空ホテル 釧路全日空ホテル

地域:釧路・阿寒・川湯・根室
特色:海側のお部屋からはウォーターフロントの素晴らしい眺望がお楽しみ頂けます。
楽天トラベルで詳細を確認する

釧路プリンスホテル 釧路プリンスホテル

地域:釧路・阿寒・川湯・根室
特色:釧路駅から車で約3分。ビジネスからレジャーまで幅広くご利用いただけす。高速インターネット無料接続(全室)
楽天トラベルで詳細を確認する

天然温泉 幣舞の湯 ラビスタ釧路川(ドーミーインチェーン) 天然温泉 幣舞の湯 ラビスタ釧路川(ドーミーインチェーン)

地域:釧路・阿寒・川湯・根室
特色:最上階には露天風呂付!男女別天然温泉大浴場を完備。客室インターネットLAN接続が無料。
楽天トラベルで詳細を確認する

釧路キャッスルホテル 釧路キャッスルホテル

地域:釧路・阿寒・川湯・根室
特色:釧路川幣舞橋のたもとに漂う幻の船をイメージした外観☆朝食は港倶楽部で幣舞橋を眺めながら、お食事して頂けます♪
楽天トラベルで詳細を確認する

 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

野村もみじ

      

                 野村もみじの紅葉

2010_11_11_003

2010_11_11_001_3

2010_11_11_002_2

 葉も随分落ちましたが、昨年より紅葉はきれいに感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

ネイチャークラフト作家 品田忠&夢風舎 2010

2010_10_31_005_2 2010_10_31_007

 旅行雑誌にも取り上げられ東京や九州だけ
ではなく海外からもお客様が来るようになった
「夢風舎」。

その「夢風舎」と景観に溶け込んで迎えてくれ
るのは、ネイチャークラフト作家 品田忠 氏が制作
したオブジェたち。

2010_10_31_008 2010_10_31_012

2010_10_31_013 2010_10_31_014

2010_10_31_017_2
来年の干支のうさぎのネイチャークラフト

2010_10_31_015 2010_10_31_027_2

2010_10_31_023 2010_10_31_029

2010_10_31_030

毎年、4月1日にオープンして11月にクロ
ーズする「夢風舎」。

10月23日(土)から11月の30日(火)の
クローズする迄、品田氏のコーナー企画
「木のぬくもり」作品展が開催されています。

世界中の数々の人たちに感動を与えた木
のアートたちもまもなく冬支度に入ります。

2010_10_31_021

プロフィール

Dsc_01251

アートクラフト作家 品田 忠 66才

アトリエ 釧路市桜ヶ岡7丁目

趣味 歩くスキー、セブンスタースキー、
マラソン、
水泳、山登り、トライアスロンなど多彩。

近年は木工教室などを開き親子に手づくり木工
の楽しさを教え
たり、子供から感動をもらったり
活動の場も益々広がっています。

お問合せ tel 0154-91-4272

新しくステキになった「夢風舎」のホーム
ページでも
夢風舎と一体となった品田忠氏
のオブジェを見ることができます。

片無去。写真家大八木茂によるギャラリー。

「道東の自然」をテーマにした作品展示。

夢風舎というところ. 喫茶室. 大八木茂写真ギャラリー

風景の源流ⅠⅡⅢ. 企画展示コーナー

夢風舎で記念写真. 大八木茂北海道撮影ガイド.

設計者 ...

http://city.hokkai.or.jp/~ohyagi/yume.html

夢風舎経営 写真家 大八木茂氏のことば

地平線までつづく草原
波のように草の上を走る風
空間識を失わせるような圧倒的な空
「日常」から離れてわれ知らぬうちに深呼吸
北海道の東、厚岸町片無去(かたむさり)はそんな
ところです

北海道内を撮影してまわる私(大八木茂)は、
どんどん観光地化し、にぎやかで派手になってゆく
「自然」を感じていました

もっと静かに風景を愉しめる場所がほしいなと思っ
ていたのです
風光明媚な観光地や秘境ではなく、北海道らしく
おおらかで、人と自然の中間にあるような場所…

ある日、見つけたのです、この場所を…
そして「夢風舎」という憩いの屋を建てました

恥ずかしながら私、大八木茂の写真作品を展示販売
しておりますそして地元の食材を生かした軽食とお茶
の喫茶コーナー道東で活躍している作家さんの発表
の場、企画展示コーナーを設けました

「夢風舎」「片無去の風景」をスタジオに写真撮影も
いたします

最近ため息が多いなと思ったらぜひ一度お越しください
おまちしております

日本写真家協会 会員 大八木 茂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

紅葉 釧路

 

2010_10_31_001

釧路の紅葉!(2010年10月31日 日曜日)

今日の釧路のもみじの紅葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

花 10月

釧路の朝の気温も氷点下になって寒く
なりました。

庭の花木も、もう少しで葉や実も落ちて
今シーズンの終わりを向かえます。

2010_10_29_001_2
ナナカマド

2010_10_29_003_2
紅紫檀

2010_10_29_004
つつじ

2010_10_29_005_2
オンコ



2010_10_29_007
ブルーベリー



2010_10_29_008
ピーマン



2010_10_29_009
から松

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«釧路川で丸太を引く船