« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月

2010年12月27日 (月)

風土の画家 佐々木榮松

画家
・佐々木榮松
(ささきえいしょう)

       Fff705915571c16880d8c3e30dfc24681_3

2010_12_0241_2

■制作における主張(画家の手記より)

  私の本命は油絵でありますので、その主義

と主張を簡潔に説明いたします
と、周知の如く

日本の油絵は西洋のものですから、一般に洋

画とよばれてい
ましたので、私も含めて昔から、

その多くは西洋亜流に染まりきっていたこと


是非ないと思います。しかし私は青年期の後半

から、『日本人の油絵を描
く』ということに主義を

おき、さらに日本人の中の北海道人の作品、

そしてまた
さらに北海道人の東方人であると

自からを確信づけ、風土の画家であることを

も自認して制作を続けてきました。

この主張はいまも変わりありません。

  人びとは私のことを “湿原の画家〟と

言いますが、私は自分から湿原の
画家などと

言ったことはありません。

だが湿原の作品が著しく多いことは事実
です。

これは湿原のもつ空間が私の制作の上に

不可欠の意義をもたせている
からで、

その意味では根釧原野の広大さも同じだと

思っています。ですから
“道東の原野画家〟

とか“空間の画家〟と呼んでくれた方がよいと

思っており
まして即ち私の作品は、風景、人物、

動物、植物やその他のものの命の抽出
であり

ますから、道東の風土の心象表現が制作の基

になっているわけです。

2010_12_0251

■画家・佐々木榮松の略歴(画集より抜粋)

 ●1913(大 2)年 北海道生れ、

      北国の原野の片隅で育ったから総て独学。

   幼少より石版印刷会社(リトグラフ専門の

      印刷)で生活したので、水彩・
デッサン・

      石版画・グラフィックデザインなどのなん

      でも手掛け、特に油絵を
本命とし、道東の

      風土をテーマの根底において心象作品の

      制作を一貫。

 ●1960年(50歳代)からは専ら美術館見学

      ・取材・釣りなどの目的で、旧
ソビエト連邦

       圏諸国、中近東、地中海諸国、西欧、

       北欧、アラスカ、カナダ、
北・中・南米諸国

       を旅する。

 ●1970年(60歳代)からは作品展(個展)を

       主とし、東京銀座文芸春秋画廊・

   望月画廊・横浜・札幌・釧路で開催。

 ●作画のかたわら雑誌や単行本を手がける。

      著書は「画集」、「旅行記」、「随
筆」、

      「釣りの書」、など。

 ●近作では「湿原の画家ー佐々木榮松作品

      集」=東京・アートグローバル社

   出版(全国学校図書館協議会選定図書)。

      「随筆・白いオピラメ(原野の
釣人物語)

       =東京・青弓出版社」 (
全国学校図書館

       協議会選定図書

   「湿原のカムイ」=二見書房 等多数。

      Ebooks001_3Powerdevice35img521x6001286954158_2 1190001s1_2 Doto_fishing1_2

   Kitano_fishing1Dotofishing_1102383976102383976_o11

 ●1987年(昭 62) JR北海道釧路支社に

      (佐々木榮松美術全作品収
の美術館)

       “釧路ステーション画廊〟を開館。

 ●2006年(93歳)11月21日~11月26日 

      北海道の画家として銀座
(ロイヤルサロン・ギンザ

       にて)
で個展を開く。

   2007年(94歳)10月30日~11月4日 

     前年に続き銀座(ロイヤル
サロン・ギンザ)にて

       個展開催。

   2008年(95歳)10月21日~10月26日

   前々年に続き北海道の
として銀座

      (ロイヤルサロン・ギンザ)で個展を開く。

 何れの開催も 『 すばらしい!と絶賛される 』

    2010_12_23_007_3  2010_12_23_008   2010_12_23_009   

  ●2009年9月30日 “釧路ステーション画廊〟

        22年の歴史に幕。

  ●2010年(97歳)10月5日~10月31日

       (株)山一佐藤紙店で個展。

    案内状  

    2010_12_23_004_2 (おもて)    2010_12_23_006 (うら)

     ●2010年10月26日~12月25日 

          南大通ギャラリーで個展。

        Moza0012010_12_023 2010_12_022  

ブログにアップさせて頂きました「絵」は
10月26日~12月25日迄「南大通ギャラリー」
にて開催されました佐々木榮松「ふるさと南大通り展」の
一部です。

 南大通ギャラリー
(釧路市南大通り3-1-6 ℡0154-42-6639)

               (カフェモーツアルト併設)  

                2010_12_2

    ●2010年12月19日

 釧路湿原ラムサール条約登録30周年
記念事業に
「落日の沼沢地」油f50を展示。

             2010_12_23_002 





辻井達一氏((財)北海道環境財団)&
新庄久志氏(釧路国際ウェットランドセンター)のトーク。
後ろが 「落日の沼沢地。                    

2010_12_001 2010_12_002

2010_12_003 2010_12_005

2010_12_006 2010_12_008

2010_12_004_2 2010_12_007

2010_12_009 2010_12_010
◇2011年3月3日(木)[雛祭り]からのご案内

 佐々木榮松画伯に会える午後六時

   「三日半の展覧会」 
(会場 釧路芸術館 フリーアートルーム) 

 ・2011年3月3日(木)
                     午後6時オープン~午後9時

 ・2011年3月4日(金)
                     午前9時30分~午後5時

 ・2011年3月5日(土)
                     午前9時30分~午後5時

 ・2011年3月6日(日)
                   午前9時30分~午後4時 終了

 オープニングには佐々木榮松画伯が
お見えになります。

 釧路芸術館(釧路市幸町4-1-5
                        ℡0154-23-2381)

2010_12_011 2010_12_015

2010_12_016 2010_12_017

2010_12_012 2010_12_0131

2010_12_0141

2010_12_0181

 佐々木栄松画伯の多彩な色使いの「赤」
  「青」「黄」「黒」「白」には繊細さと
夢みたい
   なものを感じます。

  今、現在、貴重な名画が収蔵、展示する
    場がないという。

  1913年生まれの画伯は湿原を生涯の画
  題とし、絵具と釣具をもって釧路
湿原を
 
踏破した、画家でありイトウ釣りの第一人者
  でもあります。

 故 開高健や白州次郎の妻白州正子も氏に
  教えをこうた人であると云う。

 また、矢口高雄氏の「釣キチ三平」の
   
鳴鶴先生のモデルでもあります。

 

  最後に、この度、当ブログアップに際しまして
   特段のご配慮をいただきました佐々木榮松画伯、
   
高野社長にお礼申しあげます。

             

| | コメント (3)

2010年12月14日 (火)

庭木 花木の剪定

庭木・花木の剪定  

剪定(せんてい)の必要性 

庭木を育つに任せていたのでは、日差しが遮られた 

り風通しが悪くなったりという弊害が生まれます。 

れによって庭全体に病虫害が蔓延してしまう危険 

性も伴ないます。スペースが限られた庭では、そこに 

あったサイズをキープする必要がありますし、古い枝 

を切って新しい枝に更新することで良い花を咲かせる 

ことができるのです。

このように庭木の整枝・剪定は、不要な枝を切って木 

の形を整えるだけでなく、通風や日照、病虫害の予防 

といった庭全体にも影響する大事な作業なのです。 

庭木の剪定時期

一般的に常緑樹は春の盛んな萌芽が一段落する6月頃 

と夏枝の伸びが止まる10月頃に、針葉樹は春と10月頃 

に、落葉樹は葉が落ちて休眠期となる11~3月頃に剪定 

するのが良いとされています。

ただし、花を観賞することを目的とした木の場合は、花芽 

の形成時期に注意する必要があります。良くある事例で、 

お正月を前に庭の木々をこざっぱりと剪定したのは良いが、 

その後楽しみにしていた花木の花が咲かなくなった……と 

いうことがあります。これは花芽の形成時期を考えずに剪 

定をしたため、せっかくできていた花芽を剪定で切り落とし 

てしまったことによる失敗です。

特に頂芽(春から伸びた枝の先端)に花芽ができて冬を越 

して春に開花するものは、夏の間には花芽が形成されます 

から、秋以降に枝を切ってしまうと花が咲かなってしまいま 

す。こういった花木の場合は、花後すぐが、整枝・剪定のチ 

ャンスとなります。 

木 忌み枝の種類

さていざ剪定しようというとき、どの枝を切ったらよいので

しょう。整枝・剪定の目的は樹形を整えること、そして不要

な枝を取り除くことです。不要な枝とは、樹形を乱したり採

光や通風の妨げになる枝、樹勢を衰えさせるような枝のこ

とで「忌み枝」とも呼ばれます。整枝・剪定は、まずこういっ

た不要な枝を整理してから、全体の様子を見て必要に応じ

て枝を切り詰めて形を整えていくことになります。一般的に、

次に挙げるような枝を忌み枝と言います。図解と合わせて

ご参照下さい。

青い枝が、剪定すべき忌み枝となる

青い枝が、剪定すべき忌み枝となる

  • 枯れ枝…見た目が悪いだけでなく、病害虫の

    発生源となったり、風などで突然折れて落下 

    する危険性もあります。

  • 徒長枝…飛び枝ともいいます。他の枝に比べ 

    て、勢いよく飛び出すように長くまっすぐに伸 

    びた枝で、樹形を崩してしまいます。

  • 立ち枝…横に広がるべきところから、まっすぐ 

    に直立して伸びた枝で、樹形を崩します。

  • 胴吹き…幹吹きともいいます。樹の幹から直 

    接伸びた枝で、樹形を崩すと共に、栄養が他 

    の枝葉に行き渡らなくなり樹を衰弱させる原因 

    にもなります。

  • ヒコバエ…ヤゴともいいます。樹の根元から出 

   る細い枝のことで、樹形を崩すと共に、樹を弱ら 

   せる原因にもなります。ただし自然樹形が株立 

   ち(株元からたくさんの枝が出る性質)の木の場 

   合は、これにあたりません。

  • 懐(ふところ)枝…樹幹に近い懐部分に出る枝 

    で、通風や採光を妨げになります。

  • 逆さ枝…自然な枝の流れと逆方向に伸びた枝 

    で、景観を損ないます。

  • 重なり枝…平行枝ともいいます。複数の枝が同 

    じ方向に平行に伸びたもので、樹形のバランス 

    を崩します。

  • かんぬき枝…二本の枝が樹幹を挟んで左右対 

    称に伸びたもので、樹形のバランスを崩します。

  • 車枝…一箇所から三本以上の枝が放射状に出 

    るもので、樹形を乱します。

  • 絡み枝…枝が交差するような形に伸びたもので 

   、景観を損ないます。

  • 垂れ枝…下がり枝ともいいます。下方に向かっ 

    て伸びた枝で樹形を乱します。

この他、枝が込みすぎた部分は枝透かしをして、通風 

と採光を確保しましょう。

太い枝の切り方

図1.太い枝は、図の番号順に切っていく

図1 太い枝は、図の番号順に切っていく

枝を切る際は、剪定鋏(せんていばさみ)もノコギリも 

よく切れるもの使いましょう。切れ味の悪い鋏で切る 

と切り口がギザギザになり、木にダメージを与えてし 

まいます。人間でいうと、複雑骨折より単純骨折の方 

が治りが早いのと一緒です。枝を剪定する場合、多く 

は枝の根元から切り取ります。ここで注意したいのは 

、剪定鋏で切れないような太い枝を切るときです。

普通の木材を切るように上から切り落とそうとすると、 

枝の重みで途中から生木を裂くような状態で折れてし 

まうからです。枝の根元より少し上の部分にまず「受 

け」と呼ばれる切込みを入れてから、枝を切り落としま 

す。(図1参照)枝を切り落とした後に、あらためて枝の 

付け根で切り落とします。太い枝を切った後に切り口か 

らの腐敗が心配な場合は、市販の癒合剤などを塗り 

ます。

図2.枝を切る際、1で切ると内芽が伸びて不自然になる。2のように外芽を残すようにしよう

図2 枝を切る際、1で切ると内芽が伸びて不自然になる。 

2のように外芽を残すようにしよう

細い枝を剪定する場合は、芽の位置に注意して切りま 

しょう。枝には外芽、内芽がありますが、外芽を残すよう 

に剪定します。内芽を残すと、枝は不自然な形に伸びて 

しまいます。(図2参照)

図3.鋏を入れる位置は、芽に近すぎても離れすぎても良くない

図3 鋏を入れる位置は、芽に近すぎても離れすぎても 

良くない

また、枝の途中から切り戻す際も、芽の位置に注意して 

鋏を入れます。節の間で中途半端に切ると、養分が行き 

渡らず枝先が枯れることがあります。鋏は芽の上5~10 

ミリくらいの位置で、芽の方向に合わせて切りましょう。 

(図3参照)  

花木の着花習性 

植物はそれぞれ種類によって花芽をつける時期、枝に花 

が着く場所が決まっています。この遺伝的な性質を、「着 

花習性」といいます。  

着花習性のタイプ 

着花習性はいろいろな分類の仕方がありますが、一つの 

目安として大まかに以下のように分類できるでしょう。  

春から伸びた枝の頂芽や側芽に花芽をつけ、 

越冬して開花するタイプ  

剪定は、基本的に花後すぐに行います。 

頂芽にのみ花をつけるタイプでは、花芽が形成された後に 

剪定をすると、まったく花が咲かなくなるので特に注意が 

必要です。 

側芽にも花をつけるタイプは、花芽が形成された後は強く 

剪定するほど花数が減ることになります。 

秋以降は花芽の無い枝や樹形を乱している枝の整理に 

とどめておきましょう。 

このタイプの花木としては… 

≪頂芽につく≫ 

ライラック、ハナミズキ、ヤマボウシ、ツツジ、モクレン、 

ツバキ、シャクナゲ、ガマズミ類など 

≪側芽につく≫ 

ウメ、モモ、サクラなど 

≪頂芽と側芽につく≫ 

ニワウメ、レンギョウ、ロウバイ、マンサク、ヤマブキ、 

ハクチョウゲ、コデマリ、ユキヤナギなどがあります。 

春から伸びた枝に花芽をつけて越冬し、春にわずかに枝を

伸ばし開花するタイプ 

剪定は、花後すぐに行います。このとき徒長枝も切り戻して

おきましょう。

また冬の休眠期には、不要枝を整理して樹形を整えましょう。

このタイプの花木としては…

≪短枝の頂芽につく≫

ジンチョウゲ、ハナカイドウ、ボケ、カリンなど

≪側芽と枝元近くにつく≫

フジ

≪頂芽と側芽につく≫

トサミズキ、ヒュウガミズキなどがあります。

新しく伸びた枝に花芽ができ、その年の間に開花するタイプ 

花後から、新梢が伸び始める前に剪定を行えば開花に 

影響しません。 

このタイプの花木としては… 

≪頂芽につく≫ 

バラ、ヒペリカム、ノウゼンカズラ、キョウチクトウなど 

≪側芽につく≫ 

キンモクセイ、ナツツバキ、テイカカズラなど 

≪頂芽と側芽につく≫ 

アベリア、ハギ、ムクゲ、サルスベリなどがあります。 

上記のように、基本的に花木の剪定は花後すぐに 

行えば花芽を失うことがありませんが、時には 

枝の更新など強剪定が必要となってきます。 

記事(インターネット)より   

2010年8月編集しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »