« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

釧路赤十字血液センター

 北海道釧路赤十字血液センター 

献血ルーム イオンSC内に8月移転オープン予定

 (画像はクリックすると大きくなります。)

004

          (現在の献血ルーム) 

北海道釧路赤十字血液センター(釧路市新釧路町5
上林正昭所長)は献血の施設を現在の同センターから
釧路市昭和にあるイオンイオンショッピングセンター内に
7月上旬に移転します。


同血液センターは、当初現在の釧路赤十字病院内に
ありましたが、院内から独立し1975年から現在地で
献血を行ってきました。

 

同血液センター献血ルーム内です。(現在)
005012007010

今年度4月1日から採血基準が変わり、成分献血は 検査
施設のある札幌近郊に集約し、釧路センターでの
成分献血
は6月29日で終了します。

 今後の採血は全血献血に絞り込むため、利便性に優れた
 イオンSC内に変わります。

 

同センター、斉藤介男部長によると「釧路、根室、十勝の

 3管内をカバーする釧路赤十字血液センターの献血者は 

 昨年度で約3万4千人で、道内の12%を占めており、外科 

 手術などで使用される血液製剤の需要は少子高齢化で

 年々増加しています。

推計では2015年には道内で
 3万7千人分が不足すると
みられ、献血者の確保が急務」と。

002

また、同部長は「献血不足を補う上でもショッピングセンター
内で
 PRできるメリットは大きく、皆様に安心して献血してい
ただけ
るよう献血者への呼び掛けを強化していきたいと」
意欲を見せて
います。

  新施設の稼動日数は年間350日とし休みは毎月1回と
 正月3が日の15日間だけにし商業施設に拠点を置くこと
必要な血液量を確保してゆく。

 

新しい釧路イオン献血ルームの施設コンセプトは

          「結いの心」

025_2

 デザインコンセプトは「 川 」

026_2

027_2

新しいルームはイオン釧路昭和ショッピグセンター1階

 

東レストラン入り口より、黄色印です。

031

030

新旧立地図

029_2 

028

 同血液センター斉藤介男部長は「積極的に献血への

協力を呼び掛け、気軽に立ち寄ってもらえるサロンの

ような施設にしていきたい」と話しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

SL冬の湿原号 重連運転

Fh010004_3 

2011年1月31日(月)   天気 快晴

 最低気温-14.7度 最高気温-2度

SL冬の湿原号の重連運転が1月31日(月)

ありました。

一度は撮影と乗車を体験したいと思っていま

したので人気撮影スポット(釧路川に架かる

鉄橋のたもと)に行って来ました。

(材木町15-14大栄商事ガソリンスタンドより入り、

葵建設ウラ小公園付近がスポットです。) 

撮影スポット付近に着いたのが10時45分。

すでに多くの車が駐車しており、少し離れた

所に車を止め、機材を持って撮影スポットへ。

100人以上はいると思われるカメラマンを

尻目に急いで三脚を組立てカメラを付け

レンズを取り付け場所探し、すでに良さそうな

場所は人、人、人、

すると、

キハ54系気動車一両立てが鉄橋へ......train。 

一斉にシャッターの連射音

(私もあわてて取敢えずパチリ camera  )

Dsc_1146

ファインダーを覗き乍、SLだけでなく鉄橋も

釧路川も入れて撮った方がいいかなと考え、

皆さんの後ろへセット。

すると駅に停車していたSLが汽笛を鳴らし

出発。

来ます、鉄橋を渡ります、

シャッタースピード400 f13 wb晴天 などに急い

でセット。     来ました、来ました。

カシャ カシャ カシャ.....................。

Dsc_11451

 




カメラマンたち(東京から来た人、外人さんなど

様々な人達が右にも左にも後ろにも大勢です) 

 

Dsc_11491 Dsc_11501

Dsc_11511 Dsc_11521

Dsc_11531 Dsc_11541

Dsc_11551 Dsc_11561_2

Dsc_11571 Dsc_1158

Dsc_1159 Dsc_1160

Dsc_11611 Dsc_11621

釧路駅を出発するのが11時9分、鉄橋に来

るまで1~2分、鉄橋を渡り切るのに3~5秒

位でした。

やはり早めに来て撮影場所を確保し

イメージに合ったレンズをチョイスする位の

余裕がなければダメです。

SL冬の湿原号は2000年に運行が始まり

今年で12回目を向かえ乗客も延べ19万

人を超え、今年度は鉄道ブームもあり20万

人を越す見通しとなっています。

2011年1月29日から3月6日までは

釧路⇔標茶間を1日1往復で運行して

います。

今年度の重連運行は、正向きが1月31日

(月)

(標茶方面には正向きで、戻り釧路へは

 逆向きSL)、 

逆向きが2月28日(月)(標茶方面には

逆向きで行き、戻り釧路へは正向き)の

スケジュールです。

運転時間は1月29日から3月6日迄の期間 

上り、釧路駅発11:09⇒釧路湿原駅発11:36

⇒塘路駅発11:54⇒茅沼駅発12:06⇒

標茶駅着12:24

下り、標茶駅発13:52⇒茅沼駅発14:12⇒

塘路駅発14:28⇒釧路湿原駅14:43⇒

釧路駅着15:10

となっています。

SL撮影の追っかけの方も大勢いまして、

ひとつのポイントで撮ったらSLと共にまた、

次のポイントへと車で移動する人達もいます。

(車の方が次のポイントまで10分位早い

そうです。)

C11 171 SLは昭和15年に製造され昭和

50年に廃車となり、釧路管内標茶町の公園

に静態保存されていたのを復元し、平成11年

より運行。

C11 207 SLは昭和16年に製造され

昭和49年に廃車となり、日高の静内町の

公園に静態保存されていたのを復元し、

平成12年より運行。 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »