« 佐々木榮松「魚拓展」 | トップページ | 庭の花木 2011年5月 »

2011年5月22日 (日)

佐々木榮松先生「魚拓展」来館

 「南大通ギャラリー」で、開催されています
佐々木榮松「魚拓展」に今年の10月に白寿
を向かえられます榮松先生が18日水曜日、
元気なお姿で来館されました。

 来館時のお元気な榮松先生と釧路新聞、
北海道新聞での榮松先生の記事をご覧
ください。

Dsc_2664
 「南大通ギャラリー」にて、佐々木榮松先生

 

201_5_10_061 Dsc_2646

Dsc_2624_2

 Dsc_2633
 新聞社の方のインタビューを受ける榮松先生           

Dsc_2661

 
榮松先生のファンで「わかさぎの佃煮」で
 有名な塘路の土佐商店の息子さんがお持ち
 下さった50年前に榮松先生が描いた絵葉書
 をなつかしそうに見る先生。

Dsc_2650 Dsc_2651

Dsc_2653 Dsc_2654

Dsc_2655 Dsc_2656 Dsc_2657

Dsc_2652 Dsc_2658
貴重な榮松先生の絵葉書

Dsc_2663_2 Dsc_2664_2

土佐さんと水口さん                        榮松先生と高野社長

201_5_10 201_5_10_001

釧路新聞                 北海道新聞

Dsc_2411

  このポスターをデザインしたのは水口氏です。 

  榮松先生は「これはとても良いね」と水口氏に

  おっしゃていました。

 水口氏(某社専務取締役、釣暦40年、
いまは新しいフライパターンの開発中。)の
お話によりますと「釣を趣味にしている方
は沢山いますが今は、釣った魚をデジカメ
で記録するので魚拓にする方は少なく魚拓
そのものに価値があり、榮松先生の魚拓は
直接法という手法で画家である榮松先生な
らではのノウハウが沢山詰まっていて、
イトウなど幻の魚を含め榮松先生の魚拓の
美しさは非常に価値のあるものです。」 と。

榮松先生が魚拓にされたものと
水口氏がデザイ
ンされた絵葉書

Dsc_2414 Dsc_2445

Dsc_2574 Dsc_2575

Dsc_2576 Dsc_2577

Dsc_2578 Dsc_2579

Dsc_2594 

オムライスを「おいしいね」と食べている先生
(とても気さくな先生) 

Dsc_2603

 食後のコーヒーを飲んでいる先生

201_5_10_033

201_5_10_030
6月4日まで「南大通ギャラリー」で開催中

|

« 佐々木榮松「魚拓展」 | トップページ | 庭の花木 2011年5月 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、鳴鶴と申します。

このブログで栄松先生の個展のことを知り、神奈川から、魚拓絵葉書を取り寄せることができました。

実は私も釧路出身で湿原に魅入られてしまっています。
特に先生の〝黒〟に釧路湿原を想います…

これからも、釧路発信楽しみにしております。


見て戴きありがとうございます。
先日、「南大通ギャラリー」に行った時、オーナーさんの
近藤さまから私のブログを見て、「榮松先生の絵葉書」
の注文が来たお話をお聞きしました。
鳴鶴様だと思います。 ありがとうございます。

投稿: 鳴鶴 | 2011年6月 2日 (木) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/255052/40081256

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木榮松先生「魚拓展」来館:

« 佐々木榮松「魚拓展」 | トップページ | 庭の花木 2011年5月 »